地盤改良 砕石|宮城 エコジオ工法|湯山建設

砕石地盤改良工法 エコジオ

従来の技術では、掘削に伴う孔壁の確実な崩壊防止が困難でした。
エコジオ工法は、独自開発のEGケーシングにより孔壁の崩壊を防ぐとともに、簡単な操作で常に安定した品質を確保できる、画期的な地盤改良技術です。

ケーシングを地中へ挿入し、先端から砕石を排出、締め固めながらケーシングを引抜くことで砕石杭を構築します。また、EGケーシングの側面から砕石投入が可能で、低い位置に固定したホッパーから連続的に砕石を投入できるため、効率的な施工が可能です。

施工時に、掘削した穴の崩壊を確実に防ぐことができるため、常に高品質な砕石杭を構築できることです。
エコジオ工法は、他の砕石工法では使われていない特殊な「EGケーシング(鉄の筒)」を使います。
そのため、液状化が懸念される地下水位の高い砂地盤でも、孔壁を崩壊させずに掘削することが可能です。

ごあいさつ

 

地盤調査から地盤改良工事、地盤保証までお手伝いさせて頂いております。
地盤改良工事では「砕石」だけを使う地盤改良工法である「エコジオ工法」を扱っております。

エコジオ工法は環境にやさしく将来の安心まで見据えた工法です。
地盤改良工事には様々な工法がありますが、使用する素材によっては健康被害あるいは地下水汚染・土壌汚染を引き起こしてしまったり、地価を下げてしまうこともあります。

皆様の大切な財産づくりのお手伝いをさせていただく以上、誠心誠意、建築される建物以上に強い地盤を造ること、将来に渡って劣化しない材質であること、環境を汚染しない材料を使用すること、皆様の健康と財産を守ることが私たちの使命と考えております。

お一人お一人との出会いを大切にし、皆さまにご愛顧いただけますよう、更に努力を積み重ねていく所存でございます。
地盤に関しまして、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

施工写真

NHKで紹介されました!

 NHKでエコジオ工法が紹介されました。
放送日時:平成27年7月13日(月) 夕方6:30~7:00
番組名: ほっとイブニングみえ
NHK 取材
NHK 取材
NHK 取材

地盤改良 エコジオ動画

砕石の地盤改良、エコジオ工法紹介動画です。2015年11月に施工した現場の模様です。掘削のスピードが早い!

登米市にて施工しました!

6c8fc121706b39d9b00e9706a44137ac_m

今、話題の登米市にてエコジオ工法の工事を行ってきました。

価格的にもだいぶメリットを出せたため、

満足して頂けたのではないでしょうか。

エコジオ工法は支持層が深くても、短い杭長で止める事が出来る工法です。

そのため、支持層が深い地盤、例えば以前田んぼだった土地等で他工法との杭長に差がつきます。

それによって費用が安くなるケースが多くあります。

今回も「他工法より〇〇円安い!」とエコジオ工法にお決め頂きました。

ありがたい事に、最近では口コミ、ご紹介でも広めて頂き施工棟数が増えております。

感謝、感謝でございます。

※写真は登米市の花、さくらです。

栗原市栗駒にて施工しました!

yama

栗駒山にはまだ雪が残っていますね!

この時期には残雪が馬のような形に見える「駒姿」や、

種まきをしている童のように見える「種まき坊主」が有名ですね!

そんな栗原市栗駒にて施工して参りました。

いいところですね~!

エコジオ施主様インタビュー

エコジオ施主様インタビューQ1.新築住宅を建てる前に地盤とか地盤改良に対しての悩みごとや問題点はございましたか?
A1.ここの土地は元々田んぼだったんですよ。10年以上も前から岩沼市に住んでいたので
分かっていたのですが、(ここの土地が)造成して4.0m位盛土をして転圧をかけたりしていたのも
知っていました。
僕は、地盤改良工法は表層改良と柱状改良と鋼管杭は知ってはいました。ただ、実際にどれがいいのか
正直分かりませんでした。(改良があった場合は)先入観で支持層まで届くという鋼管杭かなぁと思って
いました。地盤調査を行った結果、改良が必要で柱状改良という様に出て来ました。

Q2.報告書が柱状改良と出ていたという事なのですね。
A2.はい。僕もメーカーさんを色々回って聞いたのですが、オーソドックスなのは柱状改良。セメントを流し込むというものです。ただ、これも支持層まで届かなければ意味が無いし「実際にどれがいいのかなぁ」という思いはありました。

Q3.悩みとしては、地盤改良がある土地だとある程度の覚悟はしていて、(地盤改良)工法が3つ4つ出て来たけど、どれが1番いいのか判断に悩んだという事なのでしょうか?
A3.結局、ジャパンホームシールドさんからは、この場所は柱状改良が妥当。となった。

Q4.柱状改良と言われた時の菅原様のお気持ちは?
A4.まずは、コストがかかるだろうなと思いましたし、仮に柱状改良をしないで建ててもベタ基礎工法であれば不同沈下しないでしょうし、(コストの下がる)他の別な工法が無いのかと思っていた時にSNSを通じてエコジオ工法に出会いました。それをきっかけにエコジオ工法のホームページを見ました。

Q5.エコジオ工法は最初の段階で、保証会社さんからの選定の中にはラインナップとして入っていませんでしたよね?
A5.入ってませんでしたね。柱状改良のみでした。

Q6.その中で何故エコジオ工法を選んだのか教えて下さい。
A6.一番はコストです。(柱状改良と比べて)10万円~15万円違いました。それと、現場が汚れないということ
  も分かったし、柱状改良だと水は使うし全体的に大掛かりな工事となるのと、知らなかったのですが土と
  セメントが混ざると有害物質が発生する恐れがあると知ったので・・・

Q7.六価クロムですね。
A7.はい。そうです。エコジオ工法ホームページを見て知った訳です。そして、湯山建設で第一号のエコジオ工法との事だったので決めました。コストの面と天然砕石を使っているという点も含めて。

Q8.エコという事ですね。
A8.はい。もちろんそれもありますし、コンクリートの杭だと震度6強・7強の地震が発生した場合に、複雑な地盤だとコンクリート杭が折れるのではないかと考えました。結局、地中にセメントと流すよりは砕石を入れた方が、液状化にはいいと書いてありましたし、元々田んぼだった土地だし幾ら転圧かけていたとしても、何かの拍子に事故が起きるのではないかと不安を持ちました。また、湿気の多い地層があるので、水はけも良くなるならとエコジオ工法でやってみました。

Q9.1つ目は、経済的な設計が出来てコストも頑張れるということですね。2つ目は、(材料が)天然であるということで、セメントよりも天然だから地盤を汚さないということ。
A9.確かに、工事期間中に現場が汚れないというのが、各方面からの評価が高かった点です。それが、3つ目の理由ですね。

Q10.地盤改良ラインナップに入っていなかったエコジオ工法を使う不安はありませんでしたか?
A10.全くありませんでした。三重大学さんと共同開発したというのもホームページで見ましたし、公共工事でも
  実績があるし、地盤保証も付けられる。となれば、迷う必要はないと思いました。

Q11.三重大学と弊社 尾鍋組が開発したエコジオ工法について、三重大学の存在は施主様からしたら大きい
のでしょうか?
A11.ある会社さんが独自でこういう工法でやりますと言っても裏付けがないですよね。(エコジオ工法は)根拠
    があるので説得力があるなと。

Q12.まだまだ、工法も見たことも無いし、やってもいないけれども、判断材料としてホームページを見て
   大学の事とか中に書いてある事とか、国からの認可も受けている工法なので、この工法なら大丈夫だと
   判断してという事ですね。
A12.はい。

Q13.湯山建設の提案で良かったものがありましたら教えて下さい。
A13.残土が出ない、ケーシングを用いて確かな砕石杭を構築出来るなど、他の比較工法との違いを
   提案してもらいました。

 

Q14.実際の施工現場を見学されていかがでしたか?
A14.やっぱり、現場が汚れない。汚れないし、(施工は)重機2台で済むし2人で施工が出来て経済的。
  振動も無かったですね。

Q15.最後に、湯山建設や尾鍋組に今後ご希望されることはございませんか?
A15.より多くの方々に認知されるといいと思いますし、それによってエコジオ工法を採用して良かったと
  自分自身の実感も湧くと思いますので、営業頑張って下さい。
本日はお忙しいところありがとうございました。

エコジオ施主様インタビュー
菅原様

現場施工時は大変お世話になりました。記念すべき1棟目の施工という事で非情に緊張しましたが、
確かな施工と工期をお約束通りに実行出来て良かったです。また、何よりも施主様が自ら現場に足を
運んで頂き、エコジオ工法という地盤改良をご覧になられた事が素晴らしかったと思い返しております。
菅原様が納得したメーカー様とエコジオ工法。イメージ通りの家づくりが実現されと思いますので、
今後もご家族みなさま末永くお幸せであります様に。 
                                 湯山建設インタビュー担当

<施工対応エリア>

仙台市(青葉区、泉区、太白区、宮城野区、若林区)、石巻市、岩沼市、大河原町、大崎市、大郷町、大衡村、女川町、角田市、加美町、川崎町、栗原市、気仙沼市、<蔵王町、塩竈市、色麻町、七ヶ宿町、七ヶ浜町、柴田町、白石市、大和町、多賀城市、富谷町、登米市、名取市、東松島市、松島町、丸森町、美里町、南三陸町、村田町、本吉町、山元町、山形県内、岩手県内、福島県内